さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

戦争のことを思い出したように考えてみる

この休みの間に「日本空母完全ガイド」なる本を買って読んでいました。
今はちょうど映画の影響なんかもあって「大和」関連本が多いし、普通、日本海軍といえば戦艦を想像するものですが、私めは特に兵器マニアとかではないのですが、昔から空母大好き人間だったりします。
別に戦争好き・・というわけではないのですが、自分の国を取り巻く環境なんかを考えたときに、戦争のことというのは時折考えます。そんなので、ついつい読んじゃうんですよね。自衛隊の本とか(笑)


ご存知の方にはどうでもいいですが、まず、空母というのは日本人が世界で最初に建造したものだったりします。
正確にはイギリス海軍が商船を改造した軽空母を竣工させているのですが、設計段階から空母を目指して建造されたのは、日本海軍の空母「鳳翔」が世界初ということになっています。

それと、日本海軍と空母といえば、大東亜戦争でのエポックメイクな二つの戦いに尽きますね。
1つは「真珠湾攻撃」。
やれ相手への宣戦布告が遅れたから卑怯だ!とか、そんな歴史的な薀蓄は抜きにして、純粋に戦争を勝ち負けの数字ゲームとして捉えた場合、航空戦力の集中運用による敵拠点攻撃というのを考えだした戦略眼ってのはすごいなーと思いますね。
今みたいに、戦争=航空戦力の多寡が常識になってしまえば、当たり前な発想ですけれど、昔の海戦と言えば、大昔の決闘よろしく、戦艦の大砲を打ちまくって、相手を沈める、どつきあいみたいなのが普通だったわけですから。
もっとも日本海軍(というか山本司令長官)がこんな戦術を取ったのは、短期決戦で戦争を終わらせたいという、工夫の上に考え出されたもので、物量に乏しい日本人の知恵だと、私は思いますね。もし日本が中国みたいに資源が無尽蔵?に採取でき、アメリカの物量にひけをとらなかったならば、こんな効率的な作戦は立案されなかったんじゃないかなーと思います。艦隊決戦に拘ったのでは?と、思います。

2つめは「ミッドウェーの戦い」
こちらは日本が大敗北を決する戦いですね。日米戦争で決定的に敗北が決まった戦いと言ってもいいでしょうね。この戦いでは、日本は、真珠湾攻撃に参加した6隻の正規空母のうち4隻を失うことになりますが、この戦いでの一番の敗因は「情報」にあるといわれてます。
アメリカ軍は、暗号解読などで、ミッドウェーに現れる日本軍の行動が筒抜けで、兵力を整えて迎撃態勢を整えていたのに対し、日本軍はアメリカ軍の動きを読むことができなかった、これが決定的な差だったと思われます。
ここで大きく敗北した日本は、以後防戦一方になって行きます。

・・てなことをつらつら書いてみましたが、ここで書いた二つの戦いというのは、今の現代戦でも生かされていたりしますよね。
すなわち、航空戦力の重要性と、情報の重要性。特に今は後者の重要性の方が重視されている気がします。飛行機がステルス性能を持っているもの、いかに隠密行動できるか?(相手に情報を与えないか)という思想の現れでしょう。
(それでも、最後の最後に必要なのは、歩兵による拠点制圧能力だったり)

あと考えるのは、航空戦力は今でも重要で、当然空母というものは普通に今でも現役ですが、空母にとって意外に強敵なのは潜水艦だったりしますね。まぁ空母に限らず海上船舶にとって潜水艦は最大の脅威だったりするわけですね。旧日本海軍の空母も、たびたびアメリカの潜水艦に沈められたりしています(「信濃」とか・・)

これからの戦争というと、やはり潜水艦が主力になるのかな?
どこかの国の国会議員の人が「潜水艦なんて無用の長物」なんて言ってたけれど、ステルス性を考えると、潜水艦ってかなり重要ですよね。自衛隊でも活躍しているし。
未来に行われる戦争というのは、どんな風になっていくのかなー、と、時々夢想したりしてしまいます。

戦争っつっても、悲惨だの繰り返さないだのというキーワードしか思い浮かばないのでは、発想が貧困な気もしますね。時折こうやって、クールに分析してみるのも、一つの思考実験としてはどうだろう・・と思い書いてみました。でも単に自分の浅薄な知識をさらけ出しただけの気もするなぁ。


スポンサーサイト
おきてがみ

日本のスイッチ 桜日和版(1/9)

3連休の間に、嫁さんと父親の厄払いに行ってきました。厄年なので。
お参りに来ていた人が非常に多く、厄払いに3時間ほどかかりました。
寒空の中で屋外でじっとその間待っていた、私と母の方が、なんか厄日でした。

日本のスイッチは、携帯電話で参加する毎日新聞社の企画です。

日本のスイッチの輪についてはatsuさんのB級ニュース批評をご覧ください。

【先週の回答者】 37131名
【わたしと同じ答えの人】627名

問1.
拉致実行犯の浮上で、日朝交渉での真相解明は
○期待できそう
 悲観的です

少しでも前に進んで欲しい!という期待値をこめて、期待できる、という方にしておこう。
他の要因として、北朝鮮は小泉政権の間(今年の9月まで)に何かしらの成果を欲しがっているようにも見える。となると、それなりに期待はできるのじゃないかな。

問2.
シャロン首相倒れる。中東情勢への今後の影響は
 深刻だと思う
○想像つかない

アラファト議長、ヨハネ・パウロ2世教皇、シャロン首相・・・この地域に影響を及ぼす人が次々と倒れていくのは、何かが動き出す前触れなんでしょうか。
それにしても、シャロン首相は、容態が仮に安定したとしても、政権に戻れるのかな?

問3.
七草がゆ、自宅で食べたことありますか?
○はい
 いいえ

結婚して1年目に食べた記憶があります。

問4.
団塊世代が大量定年すると、身近で困ることが
 ありそう
○なさそう

父親が昨年定年でした。別に困らないなぁ。

問5.
ゲームやTVで「脳をきたえる」のが人気ですが
○興味あります
 変な風潮

任天堂DSで、家にもあります「DSトレーニング」と「やわらかあたま塾」。
ゲームを殆どやらない親父がはまってます。

問6.
ロシアが天然ガスを外交カードにしている状況って
○うらやましい
 強引な手法

特にどっちでもないけれど・・・強いて挙げるなら「うらやましい」かな。
手元にあるものを売ってるんだから、別に非難するものでもないし。

問7.
実は今年、休日が土曜と重なる日が4回あります。
○結構ショック
 気にならない

休みたがりの私にはショックです(笑)

問8.
この冬、新しい暖房器具や防寒着を買いました
 はい
○いいえ

去年・一昨年にそろえたもので十分賄えています。

================================================

「日本のスイッチの輪」こと「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評 atsuさん主宰で行われております。



おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


12 ≪│2006/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。