さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おきてがみ

小泉首相曰く「いつでもどうぞ」

首相、会談延期で対中批判 「靖国外交カードでない」

 小泉純一郎首相は5日昼、中国が東アジアサミット前の日中韓首脳会談の延期を表明したことについて「靖国(神社参拝問題)は外交のカードにはならない。いくら中韓両国が外交カードにしようとしても無理だ。批判する方がおかしいと思っている」と述べ、中国側を批判した。

 首相は「私はいつでもいいが、中国が延期する(なら)、それでも結構だ。中国の事情を尊重する」と指摘。中韓両国との関係については「靖国以外にも日中、日韓で重視していくべき問題はたくさんある。一つの問題で意見が違うと言って、ほかの問題も悪くしようという考えは(私には)ない」と述べた。

 首相の靖国参拝が会談延期につながったとの見方には「そうではないと思っている。これ(靖国参拝)は心の問題だ」と反論した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 一方、安倍晋三官房長官は5日午前の記者会見で、日中韓首脳会談について中国政府から「諸般の事情により」開催を延期するとの正式連絡があったことを明らかにした。その上で「政府として特段のコメントはない」と述べた。(共同)



先日の「平和を守るためには軍事力は必要」についで、なかなか強気な発言が続いていますね。
中国・韓国との首脳会談については、はっきり言って「待ち」の体勢でいいんですよ。こっちには断る理由はないのに、向こうは断ってきた。なら、向こうが開きましょうというまで待っておればよいと思います。
正直なところ、中国とは、手を結びながら対等に渡り合える国ではないと思っています。アメリカほどの大国でも同様で、だから対立する方向にシフトしているのだと思いますね。
中国と接点を持った場合の、両国の関係は、2つ。主従の関係になるか、敵対するか、しかありません。その点を考えても、主従の関係になって、共産圏に取り込まれるのが嫌なら、自由主義陣営として対立するしかないでしょうね。また、日本の選択肢としてはそれで問題ないと思います。

小泉外交 対話の扉が閉じていく

 中韓には大人の対応を求めたい。首脳の相互訪問は難しいにしても、これまではこうした国際会議などの場でかろうじて対話を保ってきた。せっかくの3国会談までやめてしまうのは失うものが大きすぎないか。

 韓国はマレーシアでの日韓外相会談には応じ、日本に対する自国の怒りを伝える方針という。中国にも少なくとも外相会談の扉は開けておく冷静さがほしい。

 とはいえ、これほどまで両国に強硬な姿勢を取らせた一因は、首相の外交的配慮に乏しい言動にある。会談延期についても首相は「結構です。もう靖国は外交のカードにならない。中韓がいくら外交カードにしようとしても無理だ」と、妥協を探るそぶりはまったくない。

 もともと過去に侵略や植民地の歴史を持つ国同士の関係は難しく、それだけに注意深さが必要だ。歴史を政治化させず、中韓が「反日」で結びつくのを防ぎ、3国協調の土台を広げる。そんな外交が求められているのに、首相のやっていることはまさに逆ではないか。


上の2段くらいで止めとけばいいのに、最後の2段が蛇足というか、ぶち壊しに見えるなぁ。いらんやろ。
それに小泉首相は外交のチャンネルと閉ざしたわけではないよ。「私はいつでもいいが」って言ってるんだから。それを(おそらく)意図的に削っている辺り、悪意をしみじみと感じます。


スポンサーサイト
おきてがみ

 | HOME | 

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなエンジニア。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
ぜひゆっくりご覧ください。
メールはこちらからどうぞ。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


12 ≪│2005/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー



ランキング



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。