fc2ブログ


さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

noteへと引っ越しをしようと思います。

こちらで断片的に記している、さくらのみや日記ですが、noteの方に引っ越しをしようと思います。
少しずつブログネタを移しながら、こちらのネタをあちらに移す予定です(時事ネタなどはこちらに残していきますが)

ただ、このブログでの更新は、ここで終わりにしようと思います。
ぜひ、noteの方も、ご愛読いただければと思います。
移転先はこちら↓です。
https://note.com/jjsakura


まとまりなしの雑感

時間がないので手短に雑感など

・twitterでは多くの人がいろんなことをつぶやいているのですが、炎上する問題を見ると、炎上するような人はそれなりに発信力が本来はあるわけで、それだけいろんな人の耳目を集めるスキルがありながら、そうなってしまうのは、人間はどこかで耳目を集める能力→ポンコツに転落する境目というのがあるのかしら?と思ったりします。
フォロワーが三桁の自分では、何言ってもほとんど炎上もしないですからね。いいねがつくことも二桁もないし(笑)

・なので、あえてこういう時代にこそ、ブログで書くという原点に戻りたいと思って、少しずつ再開しています。気まぐれにもなりますし、色々。

・政治ネタは最近はやっていませんが、一応自民党の総裁選くらいは気にはしていますよ。政治ネタをやっていなかったのは、安倍政権が自分の中では、今まで(大人になってから)見た政治家では、すごく安定・まともに感じていたことと、コロナの頃は、政治批判なんてしてもなぁ・・という気分だったからです。

・菅総理に関しては、コロナ対策・五輪の実行というのが自分の役目とわきまえて、安倍政権の番頭を勤め上げたのかな?という感じです。お疲れ様です。次は誰になるのやら。野党はいつもどおりに論外感しか感じないです(苦笑)コロナ禍が完全に収束しないところで「夫婦別姓」「同性婚」「モリカケ」を持ってくるセンスのなさは、うーん。。。


昔、時代劇を嘲笑った少年は、今時代劇に泣く。

リモートワークで仕事を家でやることがあったり、休みのときなどで、昼間にテレビでやっている時代劇の再放送を見たりすることがあります。
大阪に住んでいる自分としては、テレビ大阪で昼間にやっている「水戸黄門」だったり、最近だと、藤田まことさんバージョンの「剣客商売」などでしょうか。
子供の頃から「必殺仕事人」なんかが好きだったので、もともと時代劇が好きだったのもあるのでしょうが、もう中年と呼ばれる歳になった今になって見ても、それなりに面白く見ていたりします。

ただ、子供の頃見ていた「必殺仕事人」なんてのは、単にチャンバラシーンが好きで見ていた感じもありますし「水戸黄門」もワンパターンだなぁと思っていたのですが、この歳になって、ストーリーをじっくり理解しながら見ると、単に人情話とわかっていても、今はこれを超えるドラマが作れない時代になってしまったのかなぁ、と感じたりします。なんていうか、自分の想像を越える「粋な話」ってのが、テレビで見ることができないように思うんですよね。
水戸黄門の話を一話分見ても、その中で、まさに主題歌の如く「笑いあり涙あり」だったりするので、時代を超えたエンタメとして生き残っているなぁと感じたりもします。

「スカッとジャパン」というエンタメ番組がありますが、ああいう形で、世の中の「理不尽」を「義憤」で切り捨てるカタルシス、この二つをドラマという形で婉曲に表現できる人が少なくなってしまっているような気がしています。

「スカッとジャパン」は、別に見ていてわざわざイライラ増幅をさせて切り捨てる演出ってのが、正直自分の好みに合わないので見ることはないのですが、昔はこれはドラマの悪代官であったり、「必殺仕事人」で始末される役が担っていたのかなぁと思ったりするのです。そういう婉曲な表現で物語を作っていたのが、今はそれができなくなったのかしら、と感じたりします。

それはともかく「剣客商売」は改めて見ると面白いので、原作の小説をじっくり読んでみたいかな、という印象も。
うーん、手を出すとえらい金脈なのかなんなのかわからないが、余計な仕事を増やしてしまっている気もして、うーん。


長いこと書いていないので

生存報告ということで。
書きたいこと?あるようなないような(苦笑)


日常と非日常の合間

今のコロナ禍の時期というのは、はてさて非日常なのか。

自分は今40代半ばで、言ってしまえば氷河期ロスジェネジャスト世代だったりします。
高校生くらいまでは、バブルとかなってたけれど、大学入試のときには試験活動の最中に阪神大震災。大阪在住の自分も、家は無事でしたけど、多少は影響は受けました。
(新幹線で1時間で行ける岡山の大学に、在来線で4時間かけて下見に行ったり)
そして入学の直前にはオウム真理教の地下鉄サリン事件。
ネットが今みたいにない時代ですけど、大学にあったUNIX室では、その頃ちらほら話題になりだしたインターネットが見られたので、サリン事件なんてニュースを見てました。

そして4年たち就職活動するころにはバブルは弾ける。有名な山一證券の破綻を筆頭に、苦労したほうです。
それでも、理系の、しかも研究室の指導が厳しいこともあってか、秋頃には全員決まっていた気がします。私も4年の5月頃には内定をもらっていました。

ただ、仕事に行っても、今度は会社が大変だったというか。入社した年には、グループ全体で5000億の減収減益、2年目は正真正銘の7000億の赤字でした。
「V字」回復やるぞーとスローガンの一方で、現場では「L字」になってまうんちゃうか、とか言ってたものです。

それでも10年ほど経って、リーマンショックにつづいて止めは東北の震災。そのあとリストラもあって、30歳半ばで私も放浪プログラマが始まるわけですが。。。

まぁ、こんな社会との関わりを持ち方をしてしまったら、日常なんて何の意味があるんだろうか?と考えますよね。今は非日常?なんで?こんな人生(とは言っても、私はまだ幸せな方だと思いますが)だと、人生と社会と生命の不安定さなんて、こんなもんじゃないの?と思ったりするんです。

コロナ禍はいつか収束し、やがて「日常」が世間を支配し、多少はシン・ゴジラのラストの如く、爪痕を残し、それと生きる生活が戻ってくる。でも、板子一枚下は地獄。。。

それは「日常」なのかも知れないが、その日常というのは「作られた虚構」にしか感じられないことがあり、それが自分の「違うんじゃないかな・・?」という違和感が、再び自分を鬱の世界に導いていくような、そんな気がしてならないんです。よう知らんけど(台無し


一応元気しております...

なかなか書けてなくてすみません....無事、仕事の活動をできているので、書いてないだけです。
ちょっと落ち着きつつあるので、少しずつでも、思うこと、書いてみます。

しかし、少し前は、いわゆる躁状態でしたので、却って危険でした。うつの時期も辛いけれど、躁の時期も辛いものだったりします。


昔のリンクの見直しとかしていたら

昔昔はseesaaのブログを使って「桜日和」というブログをやっていたのですが(時々自分の佐倉純の名前と「桜日和」の名前は見かけますし、しばらくFC2に移ってからも、ひらがなの「さくら日和」だったりしたものですが)
跡地に誰か知らんやつが名前使って変なブログやってた(笑)

一体どういうアレでやってるのか知らんけど、わたしみたいなのをパクるとしたらしょぼすぎるし、そこら中で背取りみたいなことしてるのかな。何が楽しいんでしょうね。ああいうのって。しかも4年前で更新止まってるし。頑張れよ偽物。



twitter疲れ・・というわけではないですが

最近はこちらは放置しっぱなし・・とは言っても、何も活動をしていないわけではなく。
どちらかといえば長いことtwitterで遊んでいた感じですね。

ただ最近はどんどんタイムラインが先鋭化しているのか、自分の中でも、ここから得られることってのはだんだん少なくなってきてるんじゃねぇかな?ってのと、自分にとっては、140字での書き込みというのは、すごく制約が多いというか、物事を正しく伝えようとすればするほど、やりづらくなっていく、という窮屈さを感じることが多いですね。その点はブログの方が好き勝手かけると言いますか。
ヴィトゲンシュタインではありませんが、自分にとっては文章の長さは、思索の深さに比例するようで、だんだん自分が脊髄反射の沼にハマっていくような、そんな怖さみたいなものも感じました。
同じようなことはmixiで日記を書いていたころも感じていたこともあるんですが、あちらは狭い世界だったから、という事情もありました。

それはともかく、twitterについては、情報を仕入れるもととして使うのはありかな?と思うのですが、自分にとっては、発信する媒体としては向いていないかなぁ。
まだそれなら、tumblrの方が、自分にとってはとても居心地が良かったりします。


そろそろ、書き始めようか

長いことブログを放置していてすみません。

病気に真摯に向き合ってみたり、色々本を読んだり、
なんだかインプットに時間を多く費やされました。

別段ブログを再起動するからと言って、昔みたいに政治ネタをやろうという気もあんまりないのですが
(と言いながら、多分書いているんでしょうけども)

昔から読んでくださっている人が、ほぼほぼいない状態での、再始動、ゆっくり書き始めます。


まだ、もう少し

文章をたくさん書くには、まだ、自分の感覚では「器が満たされていない」感じ。
書きたくなると、多分堰を切ったようにでてくるんですよ。
(twitterでダダ漏れという可能性もあるが(笑))

政治ネタは極力封印して、自分の思索の行方を書きたい。
そう思っているんですが、なかなか書くことが出てくるまで、待ち状態ですね・・・。

ただ、今は仕事の合間なんかに読書するのが楽しくなってきたので、健康という点では回復しとるようです。


 | HOME |  »

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなプログラマ。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
時々子供のネタなんかも。

ぜひゆっくりご覧ください。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


07 ≪│2022/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



リンク



ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード