FC2ブログ


さくらのみや日記

さくらと日本と鉄道好きな、野良プログラマのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



まだ、もう少し

文章をたくさん書くには、まだ、自分の感覚では「器が満たされていない」感じ。
書きたくなると、多分堰を切ったようにでてくるんですよ。
(twitterでダダ漏れという可能性もあるが(笑))

政治ネタは極力封印して、自分の思索の行方を書きたい。
そう思っているんですが、なかなか書くことが出てくるまで、待ち状態ですね・・・。

ただ、今は仕事の合間なんかに読書するのが楽しくなってきたので、健康という点では回復しとるようです。

スポンサーサイト

今日の模型は進捗微妙・・。

今日の模型作成は、サフを塗っておしまいです・・・。仕事疲れたので。。。

地味に作業・・・オハ612両作って、車番用のインレタ貼りしてました。
P3070623.jpg
下回りは、多分明日、で完成予定。

その他、青大将を作ろうと、スロ54を下地作成中

その他、
P3070622.jpg

鉄道とは関係ないんですけど、積み状態になっている飛行機たち。
特に「MARIKO JET」は発売もう終了しているはずなんですけど、模型屋でたまに店先で見かける・・・。売れてないんだろうか?(確かにちょっと割高ですし)私みたいなネタ師しか買わないのかな・・・。
作ろうとすると、作ったらなくなっちゃう・・・みたいな感覚があって、手付かずにいます。
モヒカンのANAも作らないとなぁ・・・はぁ・・・

と言っている一方で、なんか軍艦作りたいとか思う気持ちもあったりで、扶桑か瑞鶴辺りに思い入れがあるので、作りたいと思いつつ、週末にどういう材料を仕入れようかな~、みたいな。


久しぶりなので近況続報みたいなもの

一応twitterもFacebookもinstagramもやってますが、やってるだけで、そほど有効活用しているのか・・という感じですねぇ。
仕事で使ったりする、器用な人もいるようですが、私にとっては、吐き出し場所でしかないですし。

ただまぁtwitterだけは、色々ホットな話題が飛び交ったりしますが、もと政治ネタやってたり、自称「ネット右翼ですが何か?」としては、twitterは短文の応酬なので、向いてなぁ・・・というのが本音です。
なんか、殺伐としてきますね。自分には向いていない・・・。

一応ここでもtwitterのログ集積所として活用しようとも思っているので、表示はされると思いますが、とりとめのない自分のライフログ&リツイートのゴミの山になると思います。資源の無駄遣いだ・・・(笑)


せっかくここを再起動させたので、何かやりたいなと思いつつ、まぁ一人でブツブツ床屋政談をやりながら、気がついたら何人か読んでくれる人がいる場所、ってのになるといいかもしれませんね。

あと、長く休んでいたのは、子育てに忙しかったのもあります。
でも、もうすぐ子供も小学生になるので、一段落つきつつあるところです。




twitterとの連携と、instagramとの連携

枯れ木も山の賑わい、ではないですが、twitterとinstagramとの連携をやってみます。
twitterの方は毎日のつぶやきのログ出力、
instagramの方は、普通に投稿との連動ですね。

とりあえずテストしてみるか


久しぶりに更新など

なんか長いこと更新ほったらかしてすみません、って感じです。
まぁ、書くことがないような、普段の生活がかなり荒んでいたというのが、正直なところかもしれません。
(単にFC2のログインの仕方を忘れていたという説も・・w)

また、政治ネタは、どうしても、最近だとtwitterで済ませてしまうことが多いので、
あんまりブログという場所は、使いにくくなってきているのかもしれませんね。

ここでは、もう少し、じっくり話したい話だったり、twitterで書くだけだと、言葉数がすくなくて誤解を産んでしまいそうな、
そんな話について、書ければいいかなぁと思ったりしています。

まぁネタ自体はちゃんと追いかけているのですが。モルゲッソヨとかw

とりあえず、今は生活が少し安定していないので、今少し、もう少し、というところです。


飲み会でした

職場の飲み会でしたので、今日のつらつら語りはお休みします。

ただ職場の飲み会なのに、まさかまさかの岡田あーみんネタで盛り上がるとは思っていませんでした。
えらい金鉱を掘り当ててしまったぞこれは。

あと、職場で「ガラスの仮面の会」なるものに参加させられそうです。。。ひいぃ。


鷲田小彌太さんの「自分で考える技術」を読み中です

長らく更新をさぼっておりますが、なんとか生きております・・。

本屋で通りすがりで手にとってみた、鷲田小彌太さんの「自分で考える技術」を読んだりやめたりしながら読み中です。



平易で読みやすい文章で、すごぉく奥深いことを語っているような、表面的なようで、それでいて簡単そうに見えてやり続けることが難しい・・うーん、不思議な文体です。

ちなみに私は恥ずかしながら、鷲田さんの著書を読んだことがなく、知の縦横家とでも言うべき多彩な活動をしているこの人についてほとんど知らなかったので、まだまだ知らないことがたくさんあるなぁ・・と思った次第です。
いや恥ずかしい。

考えるということは「技術」であり、「技術」は再現できることである。
そこを超えたところは「芸術」の域に達する。

凡人の身として考えるのは「技術」の修練ですよね。

ただ、仮に「芸術」の域を目指すにしても、「技術」をないがしろにしてはいけない。否、技術の延長に芸術があるという感じもします。(まぁ、当たり前な話なんですが)

まだ読み中ですが、読了前に、鷲田小彌太さんという人物が面白く感じた本です。


ちょっとだけ鬱にまつわるエトセトラ プロ指導者のえらいお言葉など

最近少し時間があるので(というか求職中なので)読書していることが多いです。
プログラマっていうかIT職って鬱とか休職とかメンタル的に死ぬ人が多い世界なんだから(ブラック企業やブラック組織が多いとも言う・・かも。頭脳労働なのでなおさらメンタル的に死ぬというか・・)リフレッシュ期間とか特例として認めてくれないかなぁ。
心療内科にかかる保険料と企業が払う保険料と勘案したら、一ヶ月のリフレッシュ休暇の有無で相殺できる、とかなら、アリの様な気がしないでもなく。

具痴はさておき。

吉田康弘さんの「組織で生き残る選手 消える選手」という本を、読み中です。


著者はサッカーJリーグの鹿島・清水・広島などで活躍し、今は指導者として活躍しておられます。
ただ、私自身サッカーに疎いのもあって、ご尊名は存じ上げませんでした。でも、30才後半まで活躍という、Jリーガーの中では比較的長いキャリアを経験しておられたそうです。
しかし、たとえば三浦知良選手のように、華々しいキャリアを持っているわけでもなく、ご本人曰く「(日本)代表入りすらしていないのに」長いことJリーガーとして活躍してきた、その極意のような物を語っておられます。

読み中なので、読後感想はまだ・・じゃなくて。

書かれている内容はそんなに難しくない、でも継続して実践するのは根気がいるし難しいなぁというのはありますね(笑)
・・と、そういう批判めいたことを書きたいわけではなくてですね。

私自身、こういう勝負師の世界に生きる方の作品というと、以下のような方の作品を読んできました。

・大山康晴(故人・将棋棋士)
・羽生善治(将棋棋士)
・谷川浩治(将棋棋士)と古田敦也(元プロ野球選手・監督)の対談
・野村克也(プロ野球選手・監督)
・落合博満(プロ野球選手・監督)(敬称略、著書名は面倒なので省きました。ごめんなさい)

上記の方々の著述に加え、今読んでいる吉田氏の物にしても、共通しているのは

・書かれている内容はそんなに難しくない、でも継続して実践するのは根気がいるし難しいなぁ

なんですよね。まぁ、後者に関しては、それが出来たからみんな厳しい世界で一流と呼ばれる人物になったのですが、そのとっかかりの方は、全て「簡単なこと」というのが私が今回言いたいことの一つです。
落合氏などは「物事の極意は全てシンプルに尽きる」と言い切っていたように思います。


結局の所そうなんですけれど、何故か我々の仕事であったり、自分のメンタルの問題は、難しい方向に進むんですよね。

笑い事ではないのですけれど、難しい方向に物事が進み出したら危険信号、というのは、ソフトウェア工学の、というかハッカー・ギーク系では常識化しているのですけれど、私の身の回りのどぶ板IT・システム開発業界では、まだまだその認知は先の世界のようです。


あけましておめでとうございます。

2014年賀状



うつにまつわるエトセトラ?回目 tumblrを使っていて思ったことなど

tumblrを自分の情報収集ツールとして使い始めて、もう2~3年位なるのですが、なかなか中毒性が高いですね。
そんなことをいうのも今更なんですが、多くのリブログ職人が「身体が溶けるような感覚」ということを書いていたりするのですが、そういうのも体感としてわかります。なんと言いますか、自分の考える事なんて、圧倒的な集合知の前には自分の考える事なんて、大したことないじゃん、という大きな壁にぶち当たる感じなんですね。

これを前に乗り越えようとするか、溶け込もうとするか。
tumblrもブログサービスなので、普通にブログとして書いてしまえばいいんですが、どうしても多くの人は、自分の言いたいことを代弁している「誰か」の言説をリブログして、それでひとつ落ち着いてしまう。
僕のような本来ブログや、その昔はHTMLでタグ打ちで文章を書いたりしていたということから考えると、それまでメーカーだった会社が、輸入代行業者・セレクトショップに転身したようなもんだったりしますね。
実際、tumblrを初めて触った時の嫁さんの意見は「セレクトショップやな」なんですが、なかなか言い得て妙だなと思ったもんです。

ただブログ書きをそれまでしていた自分として非常に困ったのは、自分が何かを書こうとするとき、そのバイアスがかかっているのでは?という気持ちに襲われることです。
もっとも、いくら自分の意見なんてものを書いたところで、それまで昔やっていた新聞ネタを元にした政治ブログなんてものだって、ソースとして新聞やニュースや2ちゃんねるがあったのですから、そのソース先がtumblrになっただけじゃん、ってお話でもあるのですが、何かを書こうとするたびに、tumblrに操られている感覚になるんですよね。それってtumblrで見たじゃん?みたいな。それくらいの巨大なデータベースという感じです。

とはいうものの、それを言い出すと、何も書けないんだよなぁ(笑)結局自分の日常を綴るしかないのか?とか考えてしまったりするわけですが。

ここ最近は体調はイマイチで、先週あたりは2週間で4日しか出勤できないとか、社会人としてどうよ?状態でしたが、こういうことを考えていることも一因にありそうです。身体にいい媒体か否か?という点では、自分にとっては身体にはよくないのがtumblrというツールなんでしょうねぇ。

他にも書きたいことはありますが、時間が遅いので、今宵はここまでです。


 | HOME |  »

竹島プロジェクト


提供:natsuka.net様


twitter




プロフィール


佐倉純

Author:佐倉純
日本と桜の花と寝台特急「さくら」をこよなく愛する、そして最近カメラに目覚めたのんきなプログラマ。
日本の事を憂いてみたり、日々思ったことをまとめて、綴ったりしています。その合間に写真も撮っています。
時々子供のネタなんかも。

ぜひゆっくりご覧ください。


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


最近の記事



コメントとプラグイン



カレンダー(月別)


09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー



リンク



ブログパーツ





あわせて読みたいブログパーツ


ブログ検索



マイサーチ


自分のマイサーチ 全体


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。